第60回日本胸部外科学会学術集会ハンズオンセミナーを、10月17日に開催いたします。本セミナーではビデオおよびPCプレゼンテーションによる解説に引き続き、ブタ臓器やシミュレーション機器を用いた基本的手技の習得を目標として進められます。本セミナー受講ご希望の方は、申込受付期間内に本ページより受講申し込みを行なって下さい。申込受付期間、ハンズオンセミナーの内容と定員数は下記のようになります。受講希望者が多数の場合は抽選で決定し、通知いたします。

*本セミナーにおける呼吸器外科コースの受講は、呼吸器外科専門医新規申請の胸腔鏡セミナーの受講のクレジットとして認められます。
(公認:NPO法人日本呼吸器外科学会)

日 時: 2007年10月17日(水)15:00〜18:00
会 場: 仙台国際センター
受講料: 3,000円
 
受講料受付:  10月16日(火) 11:00〜17:00  ホテル仙台プラザ 3階 受付
  10月17日(水) 7:45〜  仙台国際センター 2階 受付
   
受講申込受付期間:2007年8月20日(月)〜9月18日(火)締め切りました。

コース
手 技
チーフインストラクター
呼吸器外科
A 鏡視下肺葉切除
(20名)
左上葉切除 川原 克信(大分大学)
B 気管支形成術
(20名)
上葉管状切除 土岐 善紀(富山大学)
食道外科
C 食道鏡視下手術
(10名)
胸腔鏡下手術の基本手技
(ビデオ審査の評価に向けて)
大杉 治司(大阪市立大学)
心臓血管外科
D 冠動脈バイパス術
(30名 × 2)
Sequentialバイパス術の手技、工夫の習得 横山  斉(福島県立医科大学)
樋上 哲哉(札幌医科大学)
E 僧帽弁形成術
(30名)
僧帽弁後尖矩形切除およびリング縫着術 江石 清行(長崎大学)
David H. Adams (Mt. Sinai.Medical Center)
F 僧帽弁置換術
(30名)
僧帽弁置換術の基本的手技および後尖温存 坂田 隆造(鹿児島大学)
G VSD手術
(30名)
心室中隔欠損孔の閉鎖手技 前田 正信
(あいち小児保健医療総合センター)
H 人工心肺コース
(3チーム)
人工心肺使用中のトラブルへの対処法 鈴木 一郎
(仙台市医療センターオープン病院)

なお、人工心肺コースは同一施設の術者レベルの外科医と、人工心肺を扱う技士あるいは若手外科医の構成(1チーム:2〜4人)での参加が条件となります。
受講料は1チーム 3,000円となります。